FC2ブログ
2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2018.12.03 (Mon)

My Favorite Song ~銀のセイレーンの歌~ 第六部 2-3


 異変が起きたのは明け方だった。
 ドーンと地響きのような音と共に船がぐらりと揺れ私は飛び起きた。
「じ、地震!?」
 しかしすぐにここが海の上だということを思い出す。
 なら嵐が来たのだろうか。
 慌てて窓の外に視線をやるが夜が明けたばかりの白んだ空と、昨日と変わらない穏やかな海が見えるだけだ。
 セリーンが愛剣を手に真剣な顔つきでドアに近づいていくのを見てぎくりとする。慎重にドアを開け外の様子を伺い、彼女は小さな声で言った。
「どうやら海賊が出たらしいな」
「う、嘘!?」
 嵐の方がまだ良かったかもしれない……!
 耳を澄ませば確かに海音に混じって怒号のようなものが聞こえてきた。
 起き掛けに勘弁して欲しい。どきどきと心臓が痛いくらいに早鐘を打つ。
「下手にこの部屋から出ない方がいいかもしれないな」
「う、うん」
 セリーンがドアに鍵を掛けるのを見て、私もいつでも動けるよう急いで髪を結い靴を履いてベッドから立ち上がった。
 海賊なんて本や映画の中でしか見たことがないが、大きな剣を振り回し乗組員たちを殺し金品を奪っていく残虐非道な者たちというイメージが強い。
「皆、船長さんとか大丈夫かな」
「言ったろう。おそらくは1stが同乗しているはず」
 そのときセリーンが再びドアに視線を向けた。直後、ドンっとドアが叩かれて飛び上がりそうになった。だが。
「俺だ、開けろ!」
 ラグの声にほっと胸をなでおろす。
 セリーンが鍵を開けるとすぐに不機嫌そうな彼と、一緒にブゥがふよふよと部屋に入ってきた。
「くそ、厄介なことになりやがった」
「貴様が術で追い払えばいいんじゃないか?」
 セリーンがいつものように言いながらもう一度鍵を閉めた。
「うるせーよ!」
 怒鳴りながら乱暴に椅子に腰かけるラグ。やはり術を使うつもりはないらしい。
「でも、どうするの?」
「どうもしねーよ。行っちまうのを待つしかねぇだろ」
 イラついた様子で頬杖をついた彼の頭にブゥが乗るのを見ていつもなら少しは癒されるのに今日は駄目だった。
 もう一度窓から外を見るがやはり何も見えない。その姿が見えないのが余計に不安を煽った。
「たちの悪い奴らでないといいがな」
 セリーンがぼそっと呟くのを聞いてぞっとする。
「たちの悪い奴らって?」
「金品を奪うだけでなく、船ごと奪っていく奴らだ」
「!? で、でも、この船にはセリーンみたいな強い傭兵が何人か乗ってるんだよね?」
「普通はな。だから大丈夫だと思うが」
 と、セリーンの顔に緊張が走った。
 バタバタと大勢の足音が近づいてくる。海賊たちのものだろうか。

 To be continued...



以下反転であとがきです。
 
♥ More..Open
00:47  |  小説【My Favorite Song】  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.08.14 (Tue)

web再録のお知らせとCV様募集について【追記あり】

2011年に発行したコピー誌「お金を稼ごう♪」をweb再録しました。
(2014年に発行した短編集にも収録されています)

読み返したら色々と酷くてぐおお…となったのですが、あえてほぼ当時のままのUPです。

【内容】
カノンが宿代くらい自分で稼ぎたい!と働こうとするのをラグが猛反対するお話です。
いつもの4人と1匹です。どうぞよろしくお願いしますー!

サイトで読む。
pixivで読む。

8/20 いつぞやの裏本(※R18)はムーンライトノベルズさんの方にUPいたしました。大人な方は探してみてください。



先日Twitterの方にちらっと呟いたのですが、久しぶりにイメージCV様を募集したいなと考えております。
一先ずは第4部に登場するドナ・ツェリウス・クラヴィスの3人です。

でも本当に久しぶり過ぎてメインキャラ達を募ったあの頃のように応募してくださる方がいらっしゃるのか不安しかなく…もう少しちゃんと準備をしてからにしようと思います。(主に心の準備)

決心がついた際にはまたきちんとお知らせいたしますので、どうぞよろしくお願いいたします<(_ _*)>💦
22:39  |  日記  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.08.12 (Sun)

My Favorite Song ~銀のセイレーンの歌~ 第六部 2-2


「で、でも、聞き間違えかもしれないし」
 セリーンが愛剣を手にベッドから下りる。
「セリーン?」
「念のためだ。外を見てこよう」
「なら私も行く!」
 この状況でひとりで待っているなんて逆に怖い。
 慌ててベッドから下りセリーンと一緒に船室を出た。
 廊下の窓に視線をやるもやはり外は真っ暗。月も出ていないみたいだ。
 隣のラグの部屋の前を通り過ぎながら声を掛けようか少し迷ったが、聞き間違えだったら悪いのでそのままセリーンについていく。
 昼間とは違い人気の無い食堂を通ってドキドキしながら甲板に出る階段を上って行く。
 セリーンが扉を開けると途端に湿った海風が乱暴に頬を撫ぜた。
 やはり空に月は無いようで星だけがちらちらとまたたいていた。
 昼間あんなに太陽を反射し輝いていた海も今はただ闇が広がるばかりで寒くもないのにぶるりと震えが走る。
 甲板に出てそんな空との境界がわかり辛い海を見渡してみるが他に船のような影は見えない。それに耳に入ってくるのは船に当たる波音と船体の軋む音だけで歌声なんて聞こえなかった。
「ごめんね、やっぱり気のせいだったみたい」
 そう謝ったときだ。セリーンがぱっと船尾の方に視線を移した。
「誰か来る」
「え!?」
 ぎくりとしてそちらに意識を向けると確かに足音が近づいてくる。
 セリーンが剣の柄を握るのを見て私はその後ろに隠れた。
(まさか幽霊? で、でも、幽霊だったらきっと足音はしないだろうし、じゃあ――)
「うえっ!?」
 私たちの前に現れ素っ頓狂な声を上げたのは、乗組員の帽子を被った男の人だった。
 なんだぁ、と大きく胸を撫で下ろしているとセリーンも剣から手を離した。
「ど、どうされたんですか。こんな夜中に」
 彼は驚いたせいでずれてしまったらしい帽子を慌てて被り直しながら私たちに訊いた。
 暗いせいではっきりとはわからないが、声の感じからして若そうだ。私とそう変わらないかもしれない。
「夜風に当たりたくなってな。そちらは見回りか?」
「はい。今夜の当番なもので」
「大変ですね。お疲れ様です」
 私が言うとその人はにこやかに笑った。
「ありがとうございます。海に落ちないように気を付けてくださいね」
 彼は一礼してから私たちの横をすり抜け軽い足取りで階段を下りて行った。
 ――あれ?
 その後ろ姿には覚えがあった。
「どうした?」
「あの人、昼間食堂で船酔いしてた人じゃないかな」
 カウンターに突っ伏してしまっていたから確実ではないが、新人だと言われていた男の子。
「そうか?」
「若そうだし……でも船酔い治ったみたいだね。良かった」
 私のように漸く揺れに慣れたのかもしれない。
「特に問題はなさそうだな。船室に戻るか」
「あ、うん。ホントごめんね」
 私はもう一度謝ってからセリーンと共に船室へと戻ったのだった。


⇒次話
21:48  |  小説【My Favorite Song】  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT